ABOUT

1 ABOUT RINGO

とっておきを、みんなのものへ

は「焼きたてカスタードアップルパイ」の専門店です。

工房一体型をコンセプトとして、店舗で焼き上げ、いつでも出来たてのアップルパイをご提供しています。

ブランドの根幹である商品の

原材料にこだわり」「手間を惜しまず」「フレッシュな美味しさ

その1つ1つに思いを込め、究極の美味しさを追求します。

2 HISTORY

RINGO のルーツは、北海道札幌市にある老舗洋菓子店「きのとや」。「きのとや」で 30年間改良を繰り返したアップルパイから生まれました。

「きのとや」のアップルパイを元に、ひとりでも多くの方々に愛されるアップルパイに仕上げていくために、開発を何度も何度も重ねました。

こうしてできあがったのが RINGO の焼きたてカスタードアップルパイ。アップルパイにはカスタードを入れ、パイ生地のサクサク感を楽しんでもらうためにドーム型の形にしました。 その後、さらにさまざまな試行錯誤を経て、「焼きたてカスタードアップルパイ」の専門店として RINGO が生まれました。

 
  • TYPE-K VER1.0
  • TYPE-K VER2.0
  • TYPE-K VER3.0
  • TYPE-K VER4.0
  • TYPE-K VER5.0
  • TYPE-K VER6.0
  • TYPE-K VER7.0
3 PACKAGES & PATTERNS

パッケージ、
パターンに込めた思い

READ

RINGOの商品をつつむ包装はお店で商品を受け取り、持って歩き、箱や袋を開け、テーブルに並べ、口にいれ、食べ終わるその瞬間までお客様にワクワクする喜びや驚きがあるようにという思いを込めて全てRINGO専用にオリジナルでデザインされています。

林檎が持つ素朴さを表現し、青森のリンゴ農家からリンゴが送られてきたというイメージから、RINGOのパッケージはあえて段ボールを使用しています。

キーカラーであるレッドは、ブランド名の由来である林檎の赤で自然な色合いを目指しました。

規則正しく配置されたサークル柄は商品開発の際の科学的なアプローチやものづくりへの頑固さを描きました。林檎の入ったケースを上から見ているシーンも表現しています。

4 STORE DESIGN

ストアデザインへの
こだわり

READ

「焼きたてカスタードアップルパイ」を今までにないアップルパイである事を表現するために、従来のアップルパイが持つ素朴な印象に、モダンでシンプルなデザインを取り入れました。

現代を象徴するコンクリートの持つグレーで無機質なクールさと、キーカラーであるレッド ( リンゴの赤 ) の持つ強さを融合させました。陳列棚にはパリのマルシェで売られている商品棚をモチーフに、親しみやすさを表現しています。

そして、RINGO のお店は「工房一体型」

足元からガラス張りで、製造工程を見ることができ、まるで工場の中に入ったようなワクワクする空間を目指しています。

5 3 PRINCIPLES

美味しさの3原則

  • 原材料に
    こだわる

    READ
    より良い原材料を追求し、安心安全で美味しい商品をつくります。
  • 手間を
    惜しまない

    READ
    美味しいお菓子には、つくり手の心が現れます。手間を惜しまず丁寧で素早く、プロとして本物を目指します。
  • フレッシュな
    タイミングで

    READ
    一番美味しい状態でカスタードアップルパイをお渡しするため、焼きだめをせず粗熱をとり提供します。